2008年03月23日

医療事務の専門学校で学ぶ【医療事務資格を取得する@医療事務資格 基礎講座】

医療事務の資格を取るためには、いろいろな方法がありますが、通信教育などを利用する場合には、きっちりと自分なりの計画を立てて、自己管理していかないと、いつまで経っても医療事務の資格が取れないなんてことになりかねません。そこで、医療事務の専門学校をお探しの方も多いかと思われます。

しかし、医療事務の専門学校なら、授業に出て勉強するわけですからそういったことを避けることが出来ます。医療事務の専門学校は、探してみると結構たくさんあるものです。

医療事務の専門学校には、高校を卒業したばかりの若い人や、これから医療事務の資格を取得して転職をする予定の社会人の方も多くいるようです。

医療事務の専門学校によっては、夜間コースなどを設置している学校もありますので、ご自分のライフスタイルに合わせて通学できます。仕事をしながら、専門学校を目指したいという方は、希望する学校に夜間コースがあるのかどうか、ということをよく調べておきましょう。

医療事務の専門学校などで学ぶメリットは、就職率が高いということです。専門学校によって1年〜3年間程と幅がありますが、きちんと授業に出ることで、しっかりと勉強することができます。在学中に多くの資格を取得出来ると言うのも嬉しいですね☆

自分の頑張り次第で、医療事務以外にもパソコン技能検定や秘書技能検定、日商簿記等様々な資格を取得することが出来ますから、就職の際にかなり有利になります。

また、病院やクリニックでの実習もありますので、卒業後にどのような医療事務の仕事に就きたいのかを考えることもできます。
posted by kazmaa at 08:00 | TrackBack(0) | 医療事務の専門学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

ニチイ学館で医療事務を学ぶ【医療事務資格を取得する@医療事務資格 基礎講座】

医療事務の資格を取得しようとする時に、ニチイ学館で学んで取得する人が増えてるようです。このニチイ学館は、医療事務の資格取得に関して、かなり大手で実績のある専門学校として有名です。

ニチイ学館の特徴としてあげられるのは、医療事務になるために必要なことを分かりやすくまとめたテキストが、厚生労働省認定テキストであるという事です。

さらには、ニチイ学館では医療事務の資格取得後も、就職先の紹介や就職の斡旋、フォローもしてくれます。ニチイ学館自体が、多くの病院や開業医と契約を行っているので、そこからの派遣という形で、短期間の勤務をすることも出来ます。

そのほか、ニチイ学館の医療事務講座にはいろんな特徴があります。まず、ニチイ学館の医療事務講座は30年の歴史を誇ります。認定されたのは昭和59年1月13日です。出来立てホヤホヤの学校に比べたら、それだけで信用が違ってきますね。

それから、講師陣が医療事務のすべてを知り尽くしたエキスパートだそうです。専門の講師に、医療現場の最新事情も盛り込んだ指導を受けることが出来ます。

ニチイ学館は、全国各地に学校があるので通学希望の方は通学で学ぶことも出来ますし、通学が困難な方には、通信講座も用意されており自宅で、自分のペースで学ぶことが可能です。

また、ニチイ学館の医療事務のクラス設定は、非常に豊富です。午前・午後・夜間・土・日・短期と様々な生活パターンに合ったクラスが準備されていますので、とても通学しやすいです。週1回から2回まで通学しやすい時間を選ぶことができます。
posted by kazmaa at 09:00 | TrackBack(0) | 医療事務の専門学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

医療事務の資格【医療事務資格を取得する@医療事務資格 基礎講座】

医療事務の資格と一口に言っても、その職種は多岐にわたってます。医療事務の資格には、本当にたくさんのいろんな資格があります。一例をあげますと、「保険請求事務技能検定試験」「医事コンピュータ技能検定」「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療秘書技能検定試験」「医療事務管理士技能認定試験」「医療保険士」「医療事務技能審査試験」などがあります。

おすすめの資格は、財団法人日本医療保険事務協会主催で試験が行われる「診療報酬請求事務能力認定試験」、全国医療福祉教育協会主催の資格試験の「2級医療秘書実務能力認定試験」、株式会社技能認定振興協会(JSMA)主催で行われる「医療事務管理士技能認定試験」、財団法人日本医療教育財団主催の資格である「医療事務技能審査試験2級(メディカルクラーク2級)」、などです。

特に診療報酬請求事務能力認定試験は、例えば就職したときなどに医療機関での評価も高く、未経験者だけでなく、経験者の中でも人気のある資格として、医療事務の資格を目指そうとしている人たちの中では有名です。

診療報酬請求事務能力認定試験の受験者数は、1回につき1万人を越えることが普通になってきています。ただし、その中で合格できるのは3千人くらいに留まっています。診療報酬請求事務能力認定試験の合格率は、毎回約30%と決して簡単に合格できる試験ではないので、きちんとと試験対策を取り、勉強する必要があると言えます。

医療事務の資格の取得を目指すなら、そのたくさんの資格の中で、自分が目指す医療事務の資格を決めて、その資格を取得するための勉強をする必要があります。医療事務資格を初めて取得する場合には、全くの未経験の場合には、基本的で全般的な医療事務資格を取得するのがいいかもしれません。
posted by kazmaa at 08:00 | TrackBack(0) | 医療事務の資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。